広島市リーグ戦 惜しくも準優勝!

秋から行われてきた第9回 広島市少年野球協議会広島地区支部リーグ戦。総当りの予選を突破して、今日は決勝トーナメントの準決勝、決勝戦が行われました。

6年生にとっては最後の公式戦となり、何とか有終の美を飾りたいところでしたが、惜しくも準優勝に終わりました。しかしながら、今年は6年生が少ない中で、最後にみんなで銀メダルを勝ち取ることができ、良い思い出になったことと思います。

大会を運営された広島市少年野球協議会広島地区支部の関係者の皆様ありがとうございました。また、朝早くからお手伝いいただきました父兄の皆様、大変お疲れ様でした。

DSC_0712

第31回鈴が峰レッズ旗 準優勝

11月23日(日)に行われました第31回鈴が峰レッズ旗は惜しくも準優勝でした。

昨年準優勝のリベンジ果たし、優勝旗を持ち帰ろうと意気込んで臨んだ鈴が峰レッズ招待試合。1回戦を逆転勝ちし、準決勝戦は抽選勝ちで勢いに乗って決勝進出を果たしましたが、くしくも昨年と同じ顔合わせとなった決勝戦では、鈴が峰レッズに0-1で敗れ、今年も準優勝に終わってしまいました。

粘り強くピンチを凌ぎ、チャンスを何度も作った試合でしたが、最後は相手が一枚上手でした。勝てない試合ではなかっただけに悔しさも残りましたが、団員たちが一回り成長したことを確認できた大会でした。来週はいよいよ、中島杯・広島東洋カープ旗です。今年のチームの集大成として、マツダスタジアムで行われる決勝戦のキップを実力で勝ち取りましょう。

招待いただきました鈴が峰レッズの関係者の皆様ありがとうございました。また、応援いただいたOB保護者、保護者の皆様、朝早くから団員のサポートありがとうございました。

20141123152232 (1)20141123151210 (1)

城南シャインズ親善大会 優勝!

11月22日(土)に行われました城南シャインズ親善大会で優勝しました。

初戦をスコアレスドローの抽選で勝ち上がると、決勝戦は1点ビハインドの状況から1点ずつ着実に点を奪って逆転勝ちし、見事に優勝することができました。いずれも僅差の試合を勝ち抜いた姿を見て、チームとして粘り強さが備わってきたことを感じることができた大会でした。

招待いただきました城南シャインズの関係者の皆様ありがとうございました。また、応援いただいた保護者の皆様、朝早くからの団員サポートありがとうございました。

CIMG0786CIMG0778

 

 

 

第29回秋季新人戦 準優勝

11月8日(土)・9日(日)に行われました第29回広島市少年野球秋季新人戦は惜しくも準優勝でした。

高円宮杯広島支部を勝ち抜いた3年前の先輩達に続けと、3年ぶりの優勝を狙いましたが、決勝戦では守備のミスが重なり、残念ながら準優勝に終わりました。怪我人続出でベストメンバーが組めなかったことを思えば、新チームのスタートとしては、まずまずの結果であったとは思いますが、この悔しさをバネに、もう一回り成長してもらいたいところです。

応援いただいたOB保護者、保護者の皆様、朝早くからの団員サポートありがとうございました。

20141109122234(2)

中筋新人杯争奪少年野球大会 優勝!

中筋スポーツ少年団さまの5年生以下の招待試合に出場し、見事優勝しました。

主力を数名欠く布陣で臨みましたが、これまで6年生が少ない中で、経験を積ませてもらってきたことが実を結ぶ結果となりました。6年生も応援に駆けつけてくれて、全員でつかんだ優勝です。5年生以下の子供たちにとっては、自信につながる優勝になったと思います。

20141012164449(1)

 

 

 

 

しかしながら、これまで足を引っ張り続けた6年生に対しては、まだまだ恩返しができていません。次は、6年生と一緒に優勝を掴みましょう。

招待いただきました中筋スポーツ少年団の関係者の皆様ありがとうございました。また、朝早くからお手伝いいただきました父兄の皆様、大変お疲れ様でした。

第37回広島市少年野球夏季大会 準優勝

8月16日(土)・17日(日)に行われました第37回広島市少年野球夏季大会(スポ少交歓大会)は、投打が噛み合い、連勝で決勝進出を果たしましたが、決勝戦では大芝少年野球クラブに惜しくも0-1で敗れて準優勝でした。

しかしながら、下級生中心のチームで、怪我人もいる中での銀メダル獲得は、選手たちの自信につながったと思います。

DSC_0365お盆休みの中、朝早くから応援や運営委員のお手伝いをいただいた保護者の皆様、ありがとうございました。


 

高円宮賜杯広島市予選 準決勝敗退

先週の1・2回戦を完封勝ち、コールド勝ちして、準決勝・決勝の舞台はコカ・コーラ ウエスト野球場。新チームにとっては初の大舞台でしたが、新人戦でも敗れた鈴が峰レッズに負けて、惜しくも準決勝で敗退となってしまいました。

攻撃面ではいい当たりは少なく、守備面でも記録には残らないミスもあり、まだまだ、チームとして実力が不足していることを認めざるを得ない内容でしたが、何とか塁に出ようとする1塁へのヘッドスライディングや、相手スクイズを防ごうとダイビングしてのタッチプレーなど、随所に気迫溢れるプレーやみんなの成長した姿を見ることができました。

大きな目標としてきた大会でしたが、まだ公式戦はたくさん残っています。この敗戦から何かを掴み取って、必ず這い上がりましょう。

最後に応援いただいた、OB、OB保護者、保護者の皆様、朝早くからの団員サポートありがとうございました。